ユニクロ

ユニクロ『+J』商品レビュー ミドルゲージリブフルジップセーター

今回はミドルゲージリブフルジップセーターの商品レビューです。

 

Maison Margielaに代表されるかたちである、通称ドライバーズニットです。

 

スペック

商品番号 435794

商品名 ミドルゲージリブフルジップセーター

カラー 69 NAVY

素材 ウール80% ナイロン20%

価格 ¥6,990+消費税(税込¥7,689)

 

素材

ウール80% ナイロン20% のリブニットです。

リブというのは写真のように凹凸のになった見た目で、特徴としては横方向の伸縮性があります。

ですので、肌着(タンクトップ)やパーカーの袖口や裾口などによく使用される生地です。

 

素材は、ナイロンが20%入っていることもあり、とても柔らかな風合いに仕上がっていますね。

ナイロンはポリエステル に比べ柔らかい特徴があります。

また、ニットで気になる”チクチク問題”もなく、とても着やすい印象を受けました。

どうしてもニットの場合は肌に当たった際にチクチクしてしまうのが嫌で敬遠される方もいますよね。

でもこの商品はノンストレスで着れると思います!!

中肉ですので、真冬にアウターとして1枚で着るのではなく、コートと合わせて着ることをお勧めします!!

こちらの素材も上品な光沢があり、結構いい感じだと思います!!

 

ニット(横編み)では、

・ローゲージ 5ゲージ以下 ※主に厚手のセーターに使用

・ミドルゲージ 5ゲージ以上10ゲージ以下 ※主に中肉のセーターに使用

・ハイゲージ(ファインゲージ) 12ゲージ以上  ※主に薄手のセーターに使用

に分類されますので、今回の商品は中間になりますね。

 

ゲージというのは、編み機の1インチ間(約2.54cm)に何本の針が入っているか?を表す数値で、

例えば10ゲージでは”1インチ間に約10本の針が入っていますよ”ということです。

つまりハイゲージになる程、細い糸が必要で、目の詰まったセーター生地を作る事ができます。

参考商品 ユニクロ/カシミヤタートルネックセーター

 

逆にローゲージになると、太い糸を使用する事ができ、厚手のセーター生地を作る事ができます。

参考商品 ユニクロ/ローゲージタートルニットセーター 

 

シルエット

ほぼストレートのシルエットですね。

袖口や裾口の部分に、切り返しが入っていませんので、全体的にシュッとした印象を受けます。

裾に切り返しが入っていると、どうしても裾がぼってっとしたシルエットになりますので、私的にはこの仕様が大好きです。

ちなみに、とてもシンプルなシルエットですので、女性の方も問題なく着れる、ユニセックスの商品だと思います。

 

ディティール

袖口は、編み目を変えて2本ラインが入っており、さりげなくオシャレ感を演出してくれています。

ファスナーの見返し部分と襟裏には異なる色の配色がされており、さりげないアクセントになっております。

ネイビーの商品の場合は、やや赤味のあるパープル色が配色されています。

後、ファスナーはダブルジップですので、着用時に下のファスナーを少し上げて、抜け感を出せるのがこれまたいいですね。

 

もちろんファスナーは日本が誇る高品質のYKKのファスナーなので、安心ですね。

 

コスパ

¥6,990+消費税

シンプルなデザインのため、様々なアイテムとの着回しも可能ですし、ウールが80%も入っていて保温性に優れていますので、これから重宝できるアイテムですね。

各所にこだわりの入ったデザイン性もありますので、この価格なら十分に納得できると思います。

 

総評

5点満点中  / 3.75点

素材 ★★★☆☆

シルエット ★★★★☆

ディティール ★★★★☆

コスパ ★★★★☆

 

次回はウルトラライトダウンフーデットコートです。

-ユニクロ

© 2022 Fashion Blog Powered by AFFINGER5